記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネネさんの新規SRが出たので

前回、徳川まつりに関しての記事を書きましたが、あんなにたくさんの方に読まれるとは思っていませんでした。
今更になるしここに書いても誰が見るかもわかりませんがあらためて、あんなクソ長文を読んでくださりありがとうございました。

さて、今回は僕のもう一人の大切な担当である栗原ネネさんの新規SRが出たのでまた勢いのまま軽率に書きました、ひどい文章ですのでもし読まれるならご注意を。

今回の新規SRについてですが、とにもかくにも可愛いです。まず真っ先にこれだけは言わなければならなかった。
カード自体の印象としては、特訓前は自分より小さいアイドルたちにお姉さんしてるネネさん。特訓後は一人の女性として女らしさをうかがわせるネネさん。
どっちを見てもちょっと大人っぽい印象を持つカードだと思います。
ですがカードのセリフとかに視点を移してみると急にえへへ…♪とか言い出したりして可愛さで殺しに来てます。(僕は死にました)
このカードは僕が栗原ネネ担当を名乗り始めて初めてのSRになるのですが、とてもネネさんの魅力が詰まった素晴らしいものだと思います、無事に何とかお迎えできてよかったです。

そもそも僕がネネさんを好きになったきっかけというのは、劇場のいわゆる「まってちがう原ネネさん」がきっかけでした。
僕はアイドルマスターをそもそも追い出した(?)のはアニメのアイドルマスターがきっかけで、輝くアイドルたちに魅せられてCDを借りたりなんだりでひっそりとアイドルマスターというコンテンツと付き合っておりました。
ゲームはシャイニーフェスタは買いましたけどほかのゲームは一切触れておりませんでした。(恥ずかしながら、いまだに本家のゲームでまともに触ったのはこれくらいです)
アニメから入ったのもあってか本家でいわゆる担当と呼べるアイドルは僕の中でしっかりと定まっておりませんでした。
当たり前といえば当たり前なんですが上に書いたような体たらくなのでアニメ(加えて漫画はざわわんは読みました、ざわわんはいいぞ)だけでしか彼女たちを知りませんでしたので、僕がアニメのPみたいに彼女たちをプロデュースする、というものがどういうものかわからなかったことが原因なのかなと思います。
実は8th福岡にたまたま応募した現地チケットが当たってそれが初ライブ参戦だったのですが、ライブを見たからと言ってとくに何という変化はありませんでした。
そこからミリオンライブのゲームをまとめサイトをきっかけに初めて、ミリオンライブを一番に追っかけておりました。(タイミングとしてはIMC真の時くらいだと記憶してます)
そこからいわゆるPさんと知り合って、Twitterをはじめて、LVで交流が増えたりしながらP業(ミリオンライブ中心)を続けておりました。
ミリオンライブと僕との話は長くなりますのでここには書きませんが僕の中のアイドルマスターでは中心にあるといっても過言ではないです。

いろいろありまして徳川まつりのPを名乗っていた僕なのですが、そんなときに始まったのがアニメシンデレラガールズでありました。
色々といわれることもありますが、僕はあの作品はあの作品でよかったと思っています。
そんなアニメシンデレラガールズに感化されてゲームもやっと始めた僕なのですが、初めはアニメの中のTOKIMEKIエスカレートにやられてPaPとしてゲームを始めました。
ミリオンの片手間でアニメを追いかけながらやってるうちに桃井あずきちゃんかわいいなぁとか言って桃井あずきの担当を名乗ってた時期も一瞬あったような気がします。(今でも桃井あずきちゃんはとても可愛いと思ってるし好きなアイドルの一人です)
そんなこんなでなんとなーくシンデレラをプレイしてる僕の前に突如現れたのが栗原ネネというアイドルでした。
あの劇場が更新された時だったか、劇場を昔のから順に読んでる時に見たのか記憶があいまいでありますが、とにかくあのシンデレラ劇場492話がきっかけであったことだけははっきりと記憶しております。
初めの印象としては単にこの子可愛い子だなぁと思っておりました。言ってしまえばそんな印象を持ってしまう子なんてそれこそシンデレラのアイドルみんな可愛いのは間違いありません。
ただ、栗原ネネさんはこの子可愛いなぁ→フリトレ見てみるか→可愛いしやすいなぁ(Rを購入)
とかそんなライトな感じではじめ好きになってたと思います。
それがなぜ担当を名乗るまでになったかと聞かれると、彼女について深く知ってしまったからだと思います。
前回のブログにも書いたように、僕は記憶力ガバガバの人間なのではずかしながらそのきっかけからどういう経緯で彼女のことを深く知り、担当を名乗るようになったのか覚えておりません。
ただ間違いなくいえるのは彼女の魅力に僕はやられました、ということです。
栗原ネネは体の弱い妹がいるお姉さんです。そもそも彼女がアイドルを目指したきっかけというのはこの妹に元気を与えてくれた「アイドル」という存在に、自分も元気をもらい、憧れ、そしてアイドルになるべくオーディションを受けました。
アイドルとして活動しだした彼女はみんなに元気を与えるべく、またみんなの健康を気にしながら頑張っております。
彼女について大雑把に語るならこのくらいでいいと思います。
なんで僕が栗原ネネの担当を名乗るほど彼女のことが好きなのかと聞かれたら、僕は彼女のアイドルとして頑張ってるところが好きだから、と答えます。
栗原ネネは「アイドル」という存在にあこがれて自分もそのようになりたいと思ってアイドルを夢見たどこにでもいる普通の女の子だと僕は思っています。
僕はそんなアイドルにあこがれ、アイドルを夢見て、実際にアイドルになった栗原ネネだからこそ好きなんだと思います。

自分でも何を書いてるのかだいぶわけわかんないです。
とにかく初見のインパクトも大きかったし、中身を知ったらいい子すぎて、そして自分も彼女に寄り添いたくて担当を名乗りだしたって感じだと思います。

僕は色々と記憶力はガバガバだし適当な人間ではありますが、「徳川まつり」と「栗原ネネ」に関しては担当を名乗ってるだけ真剣に向き合ってるつもりだし、彼女たちが大好きです。
これからもステマダイマしていくと思いますが生ぬるい目であしらいつつ、それでも彼女たちの魅力にちょっとでも目を向けていただけたら嬉しいです。
かなりわけのわからない記事になりましたがもしここまでお読みいただけたのでしたら嬉しいです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ziku じく

Author:ziku じく
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。